地方ほのぼの新聞
生活人語
毎週水曜日に更新

桜、藤の満開で思う!

 先週、この地域では桜が咲き誇った。そして今週は、事務所(以前の私の自宅)の藤が満開になった(写真)。こうして春の美しい光景を見る度に妻は、「桜や藤の満開をいつまで見ることが出来るのかなあ」とよく言う。歳を重ねた私も(9月に80歳)将来に不安を感じ、昨年3月に主力事業の訪問介護事業を無償で他事業所に移管し、NPO法人の代表も娘婿に譲り、今はケアマネ事業と介護予防のカルチャー活動を、一人の会員として活動しながら、最近は妻と小さな旅をしている。水上温泉、鵜の岬、都内散策・・・、そして来週は二泊三日で山陰の足立美術館に行く予定である。

 しかし、私には心残りが一つある。ある思いを抱いてNPO法人を設立し、SNSはFacebook、Twitter(X)、更にはLineよりも早く大学院生に開発して貰い、ブログ/写真、カルチャー日程などの運用を開始、自らは「生活人語」と称するブログにて、日頃の生活とNPO法人の理念を関連づけて毎日書き続けた。しかし、歳を重ねるに従い、ブログ投稿は週に一度(毎週水曜日)、随時、そうして最近は、数か月に一度になってしまった。が、最近のSNSの誹謗、中傷、なりすまし等の悪用を知るにつけ、私の思いが再び湧いてくるのだ。でも、妻との思い出づくりの旅も楽しい。そこで、この旅を続けるためにも、自らの思いは精神的支柱として、程々に持ち続けたい。H.U

2024/04/18
トピック
個人ブログの記事を紹介

<夏休みの終わりに・・・>

 子供の夏休みもそろそろ終わりに近づいてきた。この頃になると、私は小学生の時、何ともいえない寂しさを覚えたものである。私が小学校1年生の頃、私の学校の夏休みは8月の一か月(31日間)だけであった。6月に農休みが10日間あったからである。その後、都会の学校と同じように、7月20日(頃)から始まり約40日になった時はとても嬉しかった。しかし今、夏休みは部活で忙し過ぎる先生ため、短くしようとする動きがあるらしい。この夏休みの短縮は賛否両論あると思うが、最近思うことは、以前の考え方に戻る傾向があるということ。コンピュータ関係では、集中処理から分散処理、そして再び集中処理(クラウドコンピュータ)へ、医療介護分野でも、医療費の増大を回避するため医療と介護を分離したが、最近は医療と介護の連携という名の下の抱え込み問題、そして上手く手続きすれば加算も・・・。このようなことを考えると、一体どのような方向に進んでいるのか迷ってしまうが、このような時こそ、時間(時代)、空間(地域)を超えて変わらないもの、例えばマズローの人間の欲求説などをベースに、今出来ることを頑張るしか我々市民にはない。そこで願わくば、このような市民の思考力と日頃の活動によって、コンピュータ分野や医療介護分野も、自然に方向が定まっていくようにしていきたいものだ。H.U
(写真は数日前、流山市近くを流れる江戸川の花火を自宅マンションのベランダで写したもの、そして同じく自宅マンション近くの神社の昨日のお祭りの様子である。この花火とお祭りが終わると、夏も終わりと感じ、ある意味では寂しくもなる花火とお祭りでもある)

2017/08/30
ほのぼの写真

撮影場所: