地方ほのぼの新聞
生活人語
毎週水曜日に更新

桜、藤の満開で思う!

 先週、この地域では桜が咲き誇った。そして今週は、事務所(以前の私の自宅)の藤が満開になった(写真)。こうして春の美しい光景を見る度に妻は、「桜や藤の満開をいつまで見ることが出来るのかなあ」とよく言う。歳を重ねた私も(9月に80歳)将来に不安を感じ、昨年3月に主力事業の訪問介護事業を無償で他事業所に移管し、NPO法人の代表も娘婿に譲り、今はケアマネ事業と介護予防のカルチャー活動を、一人の会員として活動しながら、最近は妻と小さな旅をしている。水上温泉、鵜の岬、都内散策・・・、そして来週は二泊三日で山陰の足立美術館に行く予定である。

 しかし、私には心残りが一つある。ある思いを抱いてNPO法人を設立し、SNSはFacebook、Twitter(X)、更にはLineよりも早く大学院生に開発して貰い、ブログ/写真、カルチャー日程などの運用を開始、自らは「生活人語」と称するブログにて、日頃の生活とNPO法人の理念を関連づけて毎日書き続けた。しかし、歳を重ねるに従い、ブログ投稿は週に一度(毎週水曜日)、随時、そうして最近は、数か月に一度になってしまった。が、最近のSNSの誹謗、中傷、なりすまし等の悪用を知るにつけ、私の思いが再び湧いてくるのだ。でも、妻との思い出づくりの旅も楽しい。そこで、この旅を続けるためにも、自らの思いは精神的支柱として、程々に持ち続けたい。H.U

2024/04/18
トピック
個人ブログの記事を紹介

ゴールデンウイークの思い出

 ゴールデンウイークになると思い出すことがある。就職して初めてのゴールデンウイーク・・・、私は初めての給料で郷里に住む父母を九州に連れていってあげた。飛行機で長崎に着くとレンタカーを借り、雲仙、天草などの美しい自然を眺めてドライブを楽しんだ。そして熊本に着き、強固な石崖の上にそびえ立つ威容な熊本城を観て、日本の歴史の素晴らしさを痛感した。その熊本に大地震が起きたが、私も父母も当時、ここに大地震が起きるとは全く想像しなかった。私は20代そこそこ、勿論いまは、父母はもうこの世にいない。

 数年前のゴールデンウイーク、京大大学院でポストドクター(研究員)をしていた一人娘の夫がレンタカーを借り、鯖(さば)街道を通って福井方面にドライブに連れていってくれた。鯖街道は昔、福井で獲れた新鮮な鯖を、京都方面に運ぶ街道であったらしい。しかし今、福井の海岸には敦賀原発がある。私は東北大震災による福島原発事故や、今回の熊本大震災の惨状を知るにつけ、日本の行く末が心配でならない。

 私もやがてこの世を去るだろう。そして娘たちも、私たちと鯖街道を通り福井にドライブに行ったことを懐かしく思うだろう。その時が、今と変わらず、おいしい京料理を食べられる京都であって欲しい。H.U

(本記事はfacebookの私のウオールにも掲載しました)

2016/05/11
ほのぼの写真

撮影場所: