地方ほのぼの新聞
生活人語
毎週水曜日に更新

桜、藤の満開で思う!

 先週、この地域では桜が咲き誇った。そして今週は、事務所(以前の私の自宅)の藤が満開になった(写真)。こうして春の美しい光景を見る度に妻は、「桜や藤の満開をいつまで見ることが出来るのかなあ」とよく言う。歳を重ねた私も(9月に80歳)将来に不安を感じ、昨年3月に主力事業の訪問介護事業を無償で他事業所に移管し、NPO法人の代表も娘婿に譲り、今はケアマネ事業と介護予防のカルチャー活動を、一人の会員として活動しながら、最近は妻と小さな旅をしている。水上温泉、鵜の岬、都内散策・・・、そして来週は二泊三日で山陰の足立美術館に行く予定である。

 しかし、私には心残りが一つある。ある思いを抱いてNPO法人を設立し、SNSはFacebook、Twitter(X)、更にはLineよりも早く大学院生に開発して貰い、ブログ/写真、カルチャー日程などの運用を開始、自らは「生活人語」と称するブログにて、日頃の生活とNPO法人の理念を関連づけて毎日書き続けた。しかし、歳を重ねるに従い、ブログ投稿は週に一度(毎週水曜日)、随時、そうして最近は、数か月に一度になってしまった。が、最近のSNSの誹謗、中傷、なりすまし等の悪用を知るにつけ、私の思いが再び湧いてくるのだ。でも、妻との思い出づくりの旅も楽しい。そこで、この旅を続けるためにも、自らの思いは精神的支柱として、程々に持ち続けたい。H.U

2024/04/18
トピック
個人ブログの記事を紹介

中国には?

 毎月1回、市民目線で政治の話しをしている。各公民館に私がポスターを貼っているが、このポスターが大切と思っている。一般市民も政治に関心をもっているということを、為政者に知って貰いたいと思うからである。いろいろな意見があり、その意見を聞き、自分も思っていることを言う、云わば、日本の教育に欠けているディベート教育を今更ながら行っている感じでもある。また何も思っていない市民も、聞いているだけで刺激になる。

 6月は先週の土曜日に実施し参加者は12人で、安保法制に関する憲法学者の違憲陳述に関して参加者の一人が言った。「中国には中華思想があり、領土を広げる傾向にある、これを制するには、安保法制が必要だ」というようなことを。この意見に対しては、憲法改正が先だという意見が大多数であったが、私は更にホワイトボードにA土俵(従来のタテ構造)、B土俵(インターネットの水平構造)の楕円形を描き、また揚子江での船舶転覆事件にも関係づけ次のようなことを述べた。「中国が一番恐れているのはB土俵の拡大、すなわち、これからの時代の真の民主主義である。そうなったら尖閣どころではない。今の日本はA土俵の中にB土俵があるため、複雑で何もかも整合性がとれていない、そこでB土俵を徐々に大きくし、両土俵のバランスをとる方向を示し、それを世界に発信していくことである(それが外交力を高める筈)」と。ユニークな考え方であり解りにくいとは思うが、自分自身としては満足に意見を述べたと思っている。これからも参加者に解かるような説明方法を研究していきたい。H.U

(本記事はfacebookの私のウオールにも掲載しました)

2015/07/01
ほのぼの写真

撮影場所: