地方ほのぼの新聞
生活人語
毎週水曜日に更新

<私たちの道>

 最近、体調がよくない。夜はよく眠れず、その対策として農作業を始めたのだが、私の不注意で腰を痛めてしまった。思えば、昨年の11月、NPO法人設立20周年記念の自作ミュージカルを、無事に終えたことによる燃えつき症候群になってしまったのかもしれない。このミュージカルは、この混迷する社会に対して、物事を総合的に考えてつくりあげた、私の考え方の集大成であった。しかし、このコロナ禍のなかの相変わらずの社会情勢に、今までの20年間の活動に空しさを覚える。そんな私に妻が言った。「お父さん、お父さんは今まで、社会のことをよく考えて頑張ってきたよ。でも、私達の人生も残り少ないのだから、過去を振り返っている時間はないのよ。自分たちのために前を向いていこうよ」と。私もそう思う。私は生涯現役を目指し、コミュニテイー自立のための介護事業と介護予防のカルチャー活動をまだ営んでいるが、これからは、二人で余生を楽しむことにも心がけたい。H.U

(写真は東大柏の葉キャンパスに向かう晩秋の柏の葉公園通り)

2020/10/29
トピック
個人ブログの記事を紹介

ふるさとの夢

3.11 大震災の日に寄せて

あれから 二年
ふるさとの痛みを忘れたことはない
命を繋ぎ 希望を繋ぎたいふるさとの切なる想い
被災地の人々が、夢と笑顔を取り戻せるように 
心からの祈りを ふるさとへ

ふるさと能(の)遊免(ゆめ)
   変体仮名にて          三井明雪書

2013/03/10
メッセージ募集中
ほのぼの写真

折々のことば

お寺「本妙寺」の掲...
撮影場所:
2020/09/18