地方ほのぼの新聞
生活人語
毎週水曜日に更新

「嘘のような本当の話」

 数日前、自宅マンション近くのコンビニに買物に行った。レジーに表示された金額は1214円。支払いは自動になっており、スマホやカードでの支払いが出来ない私は、タッチパネルで現金を選び、千円札を1枚入れ、硬貨を財布から手でつかみ入れた。すると、いつもは釣り銭の硬貨が、ガラガラと音を出し、返却されるのだが、この日はなかなか返却されない。そこで「お釣りが出てこない」と店員に言うと、「こっちにあります」と返答。千円札1枚の返金である。私は数ある硬貨(1円、5円、・・・、500円)を無意識で硬貨投入口に入れた。その結果が千円オーバーの2214円であったため、お釣りが丁度千円戻ってきたようである。なんとも「嘘のような本当の話」。

 話は変わるが、私は20年間のNPO活動をまとめ、某出版社にAmazonでの出版を依頼した。電子書籍として英訳もあり、欧米の先進国の他、中国などでもご覧になれる。また、日本とアメリカでは、実際の本の出版もオンデイマンド方式で出来る(申し込みの都度、製本)。本の名称は、出版社のアドヴァイスもあり、下記(仮称)の予定である。
「私たちの民主主義の話をしよう・・・イデオロギーでも理想論でもない、新しい時代を生きるための条件」。
私の思いを実現するのは容易ではない。しかし、本の内容が、「嘘のような本当の話」になれが嬉しいのだが・・・。上矢洋久

2021/11/04
トピック
個人ブログの記事を紹介

11月の花

今年も後2ヶ月に成りました。
来月はクリスマスバージョンです。

材料  バラ
    ストック
    SPカーネーション
    カーネーション
    ピペリカム(実)
    レモンリーフ(葉)
    ドラセナレインボー
    スチールグラス
    アイスリューム

    

2008/11/09
メッセージ募集中
ほのぼの写真

R.3 初石公民館...

日舞
撮影場所:
2021/11/29