地方ほのぼの新聞
生活人語
毎週水曜日に更新

<内橋克人さん逝く>

 経済評論家の内橋克人さんが亡くなった(9月1日、享年89歳)。同氏は、環境問題も考慮し、地域で雇用を創る新しい経済政策を主張したが、この考え方は、私がNPO法人を設立した動機の一つでもあった。私は学者ではないが、同氏の考え方をベースにして、IT(情報技術)も考慮し、社会科学と自然科学の初歩的な知識を組み合わせた私なりの総合的な理論をつくり、20年間実践してきた。そして、既にこのブログでも書いたように、「新たな民主主義を求めて」と題する本を今、書いている。楽しみながら書いているので、いつ完成するか定かではないが、経済と政治は一心同体。私の思いが活字になった暁には、同氏もご覧になって戴きたい気持ちで一杯であるが、何はともあれ、悲しい訃報であった。上矢洋久

(写真は最近の事務所の庭で、映っている車は日本財団から寄付された車いす用の軽車両)

2021/09/13
トピック
個人ブログの記事を紹介

しの笛子供カルチャー

文化庁から委託を受けた(財)伝統文化活性化国民協会の支援により「しの笛子供カルチャー」を7月5日から開始しました。初日は17名(子供+父兄)の参加者でした。12回実施し、来年の2月に発表会を行う予定です。写真は始めてしの笛に触った人達ばかりですが、なかなかサマになってるでしょう。来年の発表会が楽しみです。
まだまだ受講者を受付ますので、事務局までお申し込み下さい。H.U

2009/07/06
メッセージ募集中
ほのぼの写真

撮影場所: